ネットショップ 運営代行

更新日:2013年9月29日

固定費 < 粗利

ショップ運営には、ネットショップサイト制作、その運営人件費、もしくは代行費など様々な固定費がかかります。これらの固定費以上に粗利を稼げるという構造が無い限りネットショップを運営しても利益は残りません。

売上 - 原価(仕入れ値) = 粗利

もちろん開始当初は、バランスが取れませんが、「固定費以上に粗利が稼げる」という見込みを持ってはじめるべきですし、現在ネットショップの運営をされている方はそこを意識をしていくべきです。

商品の粗利率が重要です。将来的に販売数量が伸びた場合に、同じ固定費で業務をこなせるのか、ということも考慮すべきでしょう。

リスティングルームのネットショップ運営代行は、そもそもビジネスとして成り立つのか?というところからスタートいたします。

※参考ページ 「マネジメントゲーム・MQ会計」

インターネットは超過当競争の時代に

ネットショップも過当競争、乱立状態となってきており、既に淘汰がはじまっている時代です。なんとなく今扱っている商品をネットで売ってみようかな?というのでは難しくなってきています。一番必要なのは商品のオリジナル性や、他店より優位がある状況作りだと考えます。

そんな中、従来よくある「ネットショップのコンサルティング」という形と違う「ネットショップ運営代行」をご提案いたします。

なぜコンサルティングではなく、運営代行か

店舗運営に一番詳しいのは店長さんです。

一番店舗に深くかかわっていらっしゃるのは言うまでもなく当事者の店長さんであり、オーナー様です。また、現在は非常によく勉強されている店長様が多く、店舗のことをそんなに把握していないコンサルタントよりお詳しい場合が多いくらいです。そんな中、日々のお客様との対応や受注状況、実際のアクセス状況などをしっかり把握しているわけでもない、月に1回だけやってくるような外部の人間の思いつきが、的確であることは少ないように感じています。

「リスティングルーム」が行う「運営代行」は、日常的に店舗状況を把握して、そのショップ様のいわば店長様になりきるぐらいまでに店舗に同化した上での改善提案を行います。もし店舗様の時間的余裕が無く、改善を行えない場合はこちらでその改善業務の実施まで応援させていただくのが「リスティングルームの運営代行」です。
r-kiji

※楽天市場冊子 楽天ドリーム掲載時の写真

ネットショップを運営していた人が運営代行します

「リスティングルーム」金平自身は、楽天、ヤフーショッピング、ヤフオク、ビッダーズ、独自ドメインサイト(月商2000万超)を自分で立ち上げて運営しておりました。その後お手伝いさせていただいたネットショップ様では様々なジャンルの店舗運営実務も行い、2012年は約20件のネットショップ様のお手伝いをさせていただきました。たんに売上アップだけではなく利益を残せるECショップ運営をお手伝いします。

r-gurahu

 ※楽天市場冊子 楽天ドリーム掲載時の写真

コンサルタントと、運営代行の違い

そもそもコンサルティング企業とは、「業務における問題の発見・解決策の提案・業務の改善の補助、経営戦略への提言、などを中心に、企業の様々な業務を効率化するための提案自体を売り物にしている企業」 のことを言う( wikipedia コンサルティングより引用)

業務のアドバイスを行うというのは当然なのですが、実際私がコンサルティングを行った際に多かったのが「提案は受け入れる。よしやろう」となるけど、実際の行動に移していけないというケースが非常に多いということでした。いくら提案をしてもそれを実行できない、実行してもらえない。そもそも新しい業務まで対応する時間が無い、人員が無い、売れないとなります。そこで、「リスティングルーム」のネットショップ運営代行では提案後、その内容の実施までを行います。もちろん店舗様で行える場合は店舗様にて実施していただきます。


もちろん時間を取っていただければ、作業の進め方をお教えいたします。また、当ページのネットショップ運営Tipsを参考にしながらご自分でやっていただくこともできます。こちらのTipsは今後内容を充実させていく予定です。

運営代行の事例

  1. 卸売業 - オープンから携わり、月商2000万円規模まで成長させる(形態:自身で運営)
  2. 卸売業 - 既存店舗(月商2000万円超)の運営を代行。各種提案・実施(形態:コンサルティング&運営代行)
  3. 製造メーカー - 新規立ち上げ後、店舗の運営手法や、改善提案を行う(形態:コンサルティング)
  4. 女性雑貨輸入元 - 独自ドメインショップページの制作から携わる。改善提案、広告、受注処理から顧客対応まで行い、ショッピングモールショップ等への卸も行いブランドの全体支援を行う(形態:コンサルティング、運営代行、ブランディング、物販)

このように業種や、ショップ様の運営方針、人材の状況によって様々なご支援を行っています。勝手ながらお客様のショップを自分が運営しているショップ、自分が店長と思ってやらせていただいております。

※レンタルカートを利用した独自ドメインショップ(主にオリジナル商材)や楽天などのモールのお手伝いを多くやっております。ドロップシッピングサイトや、アフィリエイトサイトなどにつきましては、お手伝いすることができません。

実際の作業内容について

ネットショップの店長さんは、一人何役ものお仕事があります。「リスティングルーム」がお手伝いできる業務の一例です。モールですと楽天市場、ヤフーショッピング、ビッダーズ、YAMADAモール、ヤフーオークションなど。レンタルカートですとフューチャーショップ、ShopServe2、メイクショップ、カラーミーの操作経験があります。

日々の作業内容 代行って何するの?

  • 売上状況確認。どんな商品が売れているか、受注画面を見て把握する。
  • GoogleAnalyticsや楽天ならR-DataToolを日常的に確認し、異常を感知する。(良いことが起こっていたらそれを再現できないか。悪いことが起きていたらその回避方法を考える)
  • 上記データを確認しながら改善できないかを考え、提案。店舗側で実施できないようならその実務まで行う。
  • メールマガジンの配信
  • facebookなどのSNS投稿や、Crocos懸賞を活用してのプレゼント開催。
  • 新商品ページ作成、変更
  • キーワード付けなどのCSV一括作業(楽天市場の店舗)
  • 月1回の報告ミーティング
  • パソコンの一般的な設定やメールソフトなどアプリケーションの設定(例:楽天あんしんメルアドサービスなど)
  • 店舗ブログ更新
  • 商材によっては、他ネットショップへの卸売紹介
  • Amazonやヤフオクなどへの出品作業
  • 基本的な写真撮影やその機材の選定
  • リスティング広告の運用代行

ネットショップ制作 ネットショップを作るには?

独自ドメイン店、楽天、ヤフオクなどの制作可能です。店舗様の状況に合わせて一番良いと思われる出店方法を考えます。商品ページの内容、店舗構成やコンテンツなどを店舗様より引き出し、その後の運営ご相談、運営代行までご対応します。

※ネットショップ構築についてのページはこちら

ネットショップ引越し さくっと移行したい

色々なパターンがあるのですが、最近多いのはショッピングモール店が独自ドメイン店へ出店するケースです。ショッピングモールに出店されている場合、フューチャーショップへの引越しは容易です。商品数が多くてもShopConverter2を利用することで移行がスムースです。移行のコストは非常に抑えられます。

※ネットショップ引っ越しについてのページはこちら

料金について

商品の粗利率や、ショップの状況、売上規模や業務負荷によってご相談させていただきます。基本的には月額固定費5~10万円程度、一定規模以上の売上規模になってきたら売上による歩合(5~10%程度)となります。ページ制作や実作業については別途料金がかかります。詳細はご相談させていただき、お互いにメリットが出るようにさせていただきたいと思っております。

ネットショップ運営・立上げについてお気軽にお問い合わせください

コンタクトフォームからお気軽にお問い合わせください。

C-Pers(シーパース) 金平(かねひら) まで

お問合せはこちらから

ネットショップ運営代行関連の記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ