フューチャーショップでコンテンツページを作る

いろいろなレンタルカートがありますが、今回はフューチャーショップ2での説明です。

レンタルカートの場合、商品ページは自動生成されますが、

ヘッダー、サイドメニュー、フッター、と、商品説明部分は個別に設定することができて、それらを自動で組み合わせてページを作るという仕組みです。HTMLで1ページずつ作っていく必要が無いので、カテゴリの変更やテンプレート部分の変更などなどなど、メリットは多いです。ネットショップやるならレンタルカートでやるのがコスト、クオリティともに優れているでしょう。よっぽど特殊な仕組みが必要な場合は、作るしかないかもですが。

そこで、ちょっとレンタルカートをご利用の皆様に質問ですが、

商品ページ以外のコンテンツページを作るとき、みなさんどうされているでしょうか。

Answer FTPなどのフリースペースを使い、個別のHTMLページとして作る

という方法もありますが、今回は

グループページ(カテゴリページ)を使ってコンテンツページを作る

というやり方です。

大雑把にいうと楽天とかヤフーとかのショッピングモールもレンタルカートみたいなもんになってきますが、モールではこのカテゴリページを使うというやり方が一般的ではないかと思います。

もちろん楽天だと楽天goldというftpで好きなファイルをアップできるスペースがありますのでそこでHTMLページを作ってもよいのですが、リンクをかけたり、カテゴリに属させたいなどという場合、ちょっと面倒です。そのため、コンテンツページとして使うカテゴリを作り、そこにコンテンツを表示するというものです。

ので、モールになれている方は違和感が無いかもしれません。以下はフューチャーショップでの手順です。

グループを作る

フューチャーショップ2ではカテゴリのことをグループと表記されています。

運用メニュー > 商品管理 >商品グループ新規登録

フューチャーショップ商品グループ管理

なにも表示されないページとして設定する

1ページに表示する子グループ数 を横「0」、縦「0」

1ページに表示する商品数 を 横「0」、縦「0」 に変更して「登録する」

所属する子グループのレイアウトスタイル

グループページを選択する

商品グループの選択

お好きなコンテンツ(HTML、テキスト)を入れまくってください。

上級デザイン タブをクリック。上級デザイン設定部分に入れるとPCで表示されます。HTMLを使う場合は、「HTMLタグを使用する」をチェック。

文字数制限がありますので、足りない場合は下部コメントも使えます。

スマートフォン、モバイル(ガラケー)にも設定できます。画像を使いたい場合は、FTPでアップしましょう。(手順はコチラ

上級デザイン設定

なるべく管理画面内で完結させたいなぁという

今後、細かい修正は発生しない!ショップオーナーさん側で更新することは一切ない!ということなら通常のサイト製作のやり方でやればいいと思うのですが、ネットショップというのは常に修正が必要になってくるものです。その際、スピーディにショップオーナーさん側で随時修正できるような仕組みにしときたいなぁというのはいつも思っております。カテゴリ構造を考えて作っておけば日常の運用も楽にやっていただけるんじゃないかと思ってます。

あとはコンテンツの中身です。これが一番重要ですね!ぜひこのやり方でコンテンツページを作ってみてください。

page
photo credit: gualtiero via photopin cc

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ