ネットショップ 商品コードをつけるときの注意点

さぁネットショップをはじめよう、という時商品コードは

よーいドン
photo credit: gatogrunge via photopin cc

そもそも商品コードというものが会社に無かったりする場合もあります。
url(アドレス)も兼ねる場合もありますので、ちょっと考えてつけておくと後でやりやすいです。

商品登録、修正はCSV一括処理が便利

色んなつけ方があるかと思いますが、私が気にするのはCSVデータを使い、商品データベースを一括で修正する場合の扱いやすさです。

CSVというのは、簡単に言うとエクセルで開けるような商品情報のデータです。しかし、データがずれたりする場合があるのでエクセルで操作することは、あまり推奨されません。
楽天RMSではアクセスというデータベースソフトが推奨されています。が、アクセスでやっているというのはあまり聞いたことがありません。
みんなエクセルです。もしくはCSV専用エディター。

CSV処理はなんのソフトで?

個人的な経験では、おかしなデータでなければエクセルで問題が起きた時はありません。(あくまで私の経験上です!エクセルを使う場合は自己責任で
4万商品あるショップ、1000商品あるショップ、50商品あるショップ、でCSV処理をしたことがありますが大丈夫でした。(たまたま?)
なにかとエクセルに慣れてるから使い勝手がいいのですよね。

ただ、商品コードに問題がある場合、

エクセルでは処理できない場合があります。
それは商品コードの最初に0(ゼロ)がついている場合です。

「0000132554658」
JANコードをそのままつけている場合、このような商品コードになってしまったりするようです。
商品コードの頭に0(ゼロ)をつけるのはやめたほうが無難です。

こういう場合私は、CSV専用エディターで処理しています。

コードのつけ方、個人的なおすすめは

pr200

シリーズ名(英文字)+番号(英文字、数字混在でOK)

です。
listing-pc9800
listing-x68000
room-appleII
room-fm-7

たとえばですが、ブランド名+メーカー品番、シリーズ名+商品個別の品番など。

最初にブランド名や、シリーズ名をいれておけば、このブランドだけで絞り込んで修正したい。などというとき便利です。
まぁカテゴリでセグメントできる場合が多いですが。そのへんは、自社の状況に合わせて考えてください。

Eコマース革命 ヤフーショッピング出店も視野に入れるなら

eコマース革命

あと今後役立ちそうなのが、Yahoo!ショッピングへの出店予定があるならコードに「_」(アンダーバー)を使わない事。
Yahoo!ショッピングでアンダーバーは使用できないようです。「-」(マイナス)なら利用できます。
CSV一括で置き換えることもできるのですが、まぁそもそも使わないほうが楽です。

以上、商品コードについての注意点でした。

多モール出店をご検討の方は是非ご相談ください。

大元のデータベースの作り方や、在庫管理、商品登録や受注管理までお手伝い、アドバイスいたします。
いくつかやっておりますので、得意です。

などの既存サービスの導入お手伝いとなります。お問合せ下さい。

CSV処理時のエクセルショートカットTips

End押した後、↓キー
これは商品数が大量にあるときは、必須です。説明しづらいので実際に試して自由自在に移動してみてください。便利さがわかります。

          

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ